パチンコ依存症 克服マニュアル

こちらが「パチンコ依存症克服マニュアル」です

私は今、ようやく公開を決心します!
ただし、いつまで公開できるかわかりません。それは・・・

パチンコという悪魔のギャンブルに莫大なお金を費やし続け、
借金まみれになり、
それでもパチンコをやめることができなかった私が、
突然悪夢から覚めたようにパチンコ依存症
克服することができた理由・・・

もしこの”真実”を全てのパチンコ愛好家が知ってしまえば、
この世からパチンコ店が姿を消してしまうでしょう。

なにしろパチンコ店側にとって1番おいしい客
パチンコ依存症の人間が1人もいなくなり、パチンコで無駄なお金を使う人間がいなくなってしまうのですから・・・。

   

パチンコ依存症は社会問題

パチンコが、サラリーマンの娯楽、
お父さんの娯楽、ほんの時間つぶしの娯楽、ストレス解消法などと、
もてはやされた時代は、はるか昔に終わってしまいました。

今や、巨大マンモスホール化したパチンコ店
何処にでもある消費者金融自動支払機が、
一般庶民の娯楽から巨大ギャンブルへと
大きく変えてしまっています

さらに、テレビや雑誌などの各メディアまでも、
堂々とそれを助長している社会には、何ともいえない憤り
を感じているのは私だけなのでしょうか。


このパチンコスロットに深く嵌ってしまい、
その害によって、大変多くの方が苦しんでおられます。

借金、多重債務、離婚、家庭崩壊、自己破産、
失業
、などの害に苦しみ、挙句の果てに
売春、窃盗、殺人といった犯罪にまで
手を染めてしまった方も現実に少なくはないです

      
こんな中、いつ日かパチンコ依存症
ギャンブル依存症などという言葉が生まれました。

世界保健機関(WHO)でも、
心の病気として認定され、
今や社会問題にまで発展してしまったのです。


本当に残念な事です。


  想像してみてください・・・

  一見華やかに見えるパチンコ店・・・

もし、店内に流れるBGMも無く、
華やかなネオンも無く、店内放送も無かったら、
どんな空間でしょう?

何百人もの人がただハンドルを握り、
何時間も無言で、パチンコ球を打つ音、
パチンコ球がガラスを叩く音しか響かない、
とても人間社会とは思えない異様な空間でしょうね。

この異様な空間が、現代社会でのストレスや
複雑な人間関係を癒すための非常に心地の良い空間なのです。

 しかし、この様に心地の良い空間とはいえ、
あまりにも代償が大き過ぎる最悪の空間とも言えるのです。


さて、実は私も約30年というパチンコ愛好者
いいえパチンコに嵌り、借金を重ねてきた人間です。

 この事に気が付くまで30年間と言う年月と
大金をパチンコに費やしてしまいました。

パチンコが人生の全ての様に、
パチンコで作った借金を必ずパチンコで返せると信じ、
やり続けて来たことに大変後悔しております。

 無駄なお金と年月を費やしてしまったこと、
妻や子供達に迷惑を掛けて来た事に大変申し訳なく思っております。

 こんな私がある事で、非常に短期間に
パチンコが止められた事、
自分自身、本当にラッキーであり、家族に大変感謝しています

 あなたはパチンコを止めますか?
それとも人生を捨ててしまうのですか?



俗に言われている「依存症」とは・・・

 依存症には、ギャンブル・パソコン・ネット・
セックス・アルコール・仕事など多くの分野があるそうです。

  私は、専門の医者でもカウンセラーでもないため、
「依存症」について詳しく説明することは出来ませんし、
「依存症」という言葉は病的意味を現し、
私自身あまり好きではありません。

「依存症」についての専門分野の方はこの病気ついて、
病的処置、つまり専門の医者やカウンセラーに
よる治療法が望ましいと言われていますし、
私も否定は致しません。


      しかし・・・


 「依存症」であるか否かの判断 なのですが・・・

  パチンコを例にとってみましょう


   ■毎日のようにパチンコに行ってしまう

   ■借金をしてまでパチンコに行ってしまう

   ■止めようと決意したにも関わらず、また行ってしまう




   こんな人は、全てパチンコ依存症なのでしょうか?・・・・

  雑誌や他のホームページでも、
ここまでパチンコに嵌ってしまうと
パチンコ依存症と判断されます。

 つまり、この様な人は、
専門分野の方の病的処置をしないと治らないのでしょうか?

  しかし、私は一つの矛盾を感じました。


      それは・・・


  前記で述べましたが、私もかなりパチンコに嵌ってきた
人間でありながら、あることで専門分野の方の
病的処置を受けなくても、パチンコを止める事が出来たのです。

 会社が休みの日は殆ど朝から晩まで、
会社帰りは毎日、会社をズル休みをしてまで、
さらには仕事中にまで私はパチンコをやり続けて来たのです。

当然のことながら大きな代償を払ったのは言うまでもありません。

 こんな、私でさえ、俗に言われている重度の
パチンコ依存症?であったにも関わらず、止める事が出来たのです。


続きを読む

パチンコ依存症の恐怖と克服

  

私もかつては、パチンコ依存症でした・・・


その当時の私は、
会社帰りに毎日のようにパチンコ店に寄っては数万円をつぎ込む
完全なパチンコ依存症でした。

勝つこともありますが、大きく負けることのほうが多く、
 トータルでは大きなマイナスに。

それでも、
 「絶対にパチンコで勝つ方法はあるはずだ!」
   と思い込み、パチンコを打ち続け、
     ついには消費者金融にまで手を出していました


気が付けば400万円以上の借金を背負って・・・。


家族にも言えず、それでも
 パチンコで作った借金はパチンコで返す」
  と意地になり、
    かたくなに毎日パチンコを打ち続ける毎日・・・。

今思えば、当時の私の精神状態はかなり異常だったと思います。

会社で仕事をしていても、考えるのはパチンコ借金のことばかり。

毎月月末になると、消費者金融のビルを上から回り、
   利子だけを返済していく・・・。

その返済に必要なお金は、新たに借金をして作るのです。

元金は減らないどころか、増える一方でした・・・。

結局、この借金地獄から開放されるのに8年間の歳月がかかりました。

今振り返れば、私はこの8年間という貴重な長い月日を、
  パチンコ借金のことばかり
      考えて過ごしたことになります。




今だからこそ、ハッキリと言えます・・・



パチンコはあなたの人生に何も残してくれません。

それどころか、
 依存することによってあなたの人格を完全に
     破壊してしまうのです




     パチンコ依存症を克服する

パチンコ依存症度チェック

パチンコ依存症から抜け出すためにも
 まずは自分自身がパチンコ依存症なのかを
   知る必要があります


 以下のチェックをしてみてください




1.いつもパチンコをしたいと思う。
   又はパチンコをする為のお金の工面について考えている。

2.興奮を得たいが為に投入金額がどんどん増えていく。

3.パチンコを我慢する、減らす、やめる等の
     努力をくり返すが、結局は失敗している。

4.パチンコをするのを減らしたり、
   やめたりすると落ち着かなくなる。又はイライラする。

5.現実の問題から逃避する為に、
    又は気分解消の為にパチンコをする。

6.パチンコで金を使った後、
    別の日にそれを取り戻しに行くことが多い。

7.パチンコへののめり込みを隠す為に
      家族やそれ以外の人に嘘をついたことがある。

8.買いたいものがあってもギャンブルで
       儲けてからとつい思ってしまう。

9.持ち金がなくなり銀行で降ろして、
     そのお金をつっこんでしまったことがある

10.パチンコによって多額の借金があるので、
         他人に金を出してくるよう頼る









  上記項目で5つ以上“YES"になった方は
    「パチンコ依存症」また
       「パチンコ依存症予備軍」でしょう




   

    パチンコ依存症から脱却する?


  





  

なぜパチンコ依存症になるのか?

パチンコ依存症になってしまうには
必ず原因があります

その原因を理解しない限り
一生依存症から抜け出す事は出来なくなってしまいます



その原因を考えてみましょう


なぜ今のパチンコは昔のように勝つことができなくなってしまったのか?
それには明確な理由があります。
客に勝たせたくても、勝たすことができない
今のパチンコ業界の内情とは?


昔、パチンコで月に数百万円も稼いでいた、
いわゆる「パチプロ」が全滅してしまったその驚愕の理由とは?
今のパチンコは、
昔のパチンコとは根本的に違ったものに変貌してしまっているのです。
パチンコは、実は他のギャンブルと
決定的に違う危険な特性を持っています。
パチンコというギャンブルだけに意図的に
仕込まれたその危険な特性とは?




パチンコメーカーによって台自体に巧妙に施された洗脳システム
そしてホール側が仕掛けた人間の心理に働きかける
緻密に計算された設備。
あなたはこの二重三重の罠から逃れる術はありません。
パチンコ依存症になる人は、
なるべくしてパチンコ依存症になってしまっているのです。




パチンコ業界が国民を国家レベルで騙し続けるのには、
理由があります。パチンコ業界の本性をさらけ出すことは、
日本という国では絶対のタブーとされています。
なぜこの国では国家レベルの隠蔽をする必要があるのか?
そしてテレビ、雑誌、マスコミさえも
パチンコ業界の洗脳に協力せざるを得ない理由とは?




パチンコは日本では「娯楽」という位置づけになっています。
決して「ギャンブル」という言い方はしません。
ギャンブルとして認めてしまうと、
この国のバランスが根底から崩れ去ってしまうのです。
他の国からすれば考えられないギャンブル、それがパチンコなのです。
常識のある国ならばこのようなギャンブルが許される筈がありません。
国民を守ることを全くしない今の腐りきった国家の体質とは?





私達がパチンコにつぎ込むお金は、
全てがパチンコホールの利益になっているわけではありません。
パチンコ業界に存在する「第三者」の存在。
この第三者こそがガッポリ金を稼いでいるのです。
もはや今のパチンコはホールと打ち手との勝負ではありません。

ホールはその気になれば、いくらでも不正をし放題という驚愕の事実。
不正さえも金で解決することができる腐った業界。
損をしているのは一般のパチンコ愛好家だけです





人気のある台ほど打つのが危険なのが今のパチンコです。
それは、人気のある台ほどホール側が「仕掛け」をするからです。
プロの目をもってしても見抜くことができない「不正」の実態。
それを我々一般のパチンカーが見抜く唯一の方法とは?






パチンコを打ち続けると、あなたの人格が徐々に劣化してしまいます。
パチンコを打ち続けることによってあなたはどうなってしまうのか・・・。
この事実を知っても、あなたはパチンコを打ち続けることができますか?





パチンコを打ち続けると、依存症になる可能性が大幅にアップします。

なぜならパチンコの大当たりは
人間の脳にある物質を分泌させる秘密があるからです。
麻薬よりも恐ろしいその秘密とは?






長時間やればやるほど人間の体質自体を変化させる秘密が
パチンコにはあります。
科学的に解明されたその秘密とは?





あなたがパチンコを打つときに、
常に意識しておかなければならないこととは?
これを意識しておかないと、失うのはお金だけではありません。
あなたの今の正常な人格さえも、失うことになってしまいます。
パチンコホールは、あなたにお金を少しでも多く使わせるために、
あなたの感情をある状態にもっていく工夫をしています。
あなたがパチンコを打つときは、
このことを意識していないと、この罠にまんまと嵌ってしまいます。

パチンコに依存する人間が悪いのではない。
真面目な人間ほどパチンコに依存しやすいのです。
会社員だろうが銀行員だろうが関係ありません。
なぜ真面目な人ほどパチンコ依存症になるのか?






パチンコを打ち続けることによって、
その人は多くのことを否定して生きていかなければなりません。
そうしないと生きていけなくなるのです。
なぜパチンコに依存してしまった人は多くのことを
否定しなければいけないのか?





パチンコ依存症になると復帰するのはなぜこんなにも困難なのか?
それには理由があります。
パチンコ依存症から復帰するために最も効果的な方法とは?





パチンコ依存症から回復した人が思うこと・・・
それは、他のギャンブルとは全く違います。
歯ぎしりするほどなぜ人はパチンコを打っていたことを後悔するのか?

この後悔は、パチンコに特化したものです。

パチンコ依存症の人は必ずと言っていいほど借金をしています。
パチンコと借金とは切っても切れない関係になっています。
ではなぜ、パチンコを打つ人は借金をしてしまうのでしょうか?
そしてその借金をストップさせる唯一の方法とは?





パチンコ依存症
になると、パチンコと借金のことばかり
考えるようになり、パチンコと借金が生活の中心になってしまいます。
しかし借金については、
そんなにナーバスになる必要はありません。
借金より深い問題とは?またその悪循環から抜け出す方法とは?





       続きを読む

パチンコ依存症を克服した方法

どうやって私はパチンコ依存症を克服したのか・・・?



今振り返ってみると、
  当時の私は間違いなくパチンコ依存症でした。


・会社が終わるとパチンコ店に行かなければ気が済まない。

パチンコを打って、勝たなければ借金の返済をすることができない。

パチンコで勝ち続ける方法を追求し、
     ただやみくもにパチンコを打ち続ける日々・・・




こういう心理状態のことを、脅迫的パチンカーというらしいです。

こうなってしまうともう、
行き着くところまで行かなければ
  パチンコ依存症からは脱却できません。


私の場合、ギャンブルの本質、
  そしてパチンコというギャンブルそのものの本質というものを
理解することができたため、
  ようやくパチンコ依存症から脱却することができたのです。


今でも私は週に1〜2度はパチンコを打ちます。

それでも私はパチンコ依存症ではないと断言できます。


私が1日にパチンコに費やす時間は1時間ほどです。

今の私は、以前のような脅迫的パチンカーではなく、
パチンコというギャンブルを楽しむことができるようになりました。

それどころか、パチンコを楽しみながら
    毎月の小遣いまで手に入れています。

ギャンブルは、その本質を理解せずにやり続けると、
    取り返しがつかないことにもなりかねませんが、
その”真実”をキチンと理解したうえでやってこそ、
    ”娯楽”となりうるものなのです。

今の私は、パチンコを打っていても、
  ストレスを感じるようなことは、全くありません

たとえその日負けたとしても、ストレスなどは感じないのです。

なぜなら私は、パチンコの真実を知り、
 その本質を理解したうえでの
”唯一、依存しようがない負けない方法”
      を実践しているため、

 月のトータルでは勝つと
  いうことがわかっているので、気持ちに余裕が生まれるのです。

もしあなたが、パチンコという
  呪縛から未だに逃れられない状態であるなら、
それはパチンコの本質というものを理解できていず、
         負け続けているからなのです・・・




    




あなたがパチンコ依存症から脱却するには、
パチンコの本質を理解する必要があります。



真面目な人、あるいは素直な人ほど
  パチンコ依存症になりやすいというデータがあります。

パチンコ業界の真実を知ると、これは当然のことと言えます。

パチンコは、正しい知識を持って行ってこそ
 娯楽となりうるものなのですが、
今のパチンコ業界は莫大なお金のために、
  私達一般大衆に対し、真実とはかけ離れた
       ねじ曲がった情報を植えつけています。

わかりやすく言えば、”洗脳”です。

そう考えれば、
真面目な人ほど洗脳されやすいのは当然のことと言えるでしょう。

パチンコ依存症を克服するためには、
  会社を辞めて更正施設に入り、正しい知識を持った
指導員のもと、徹底した教育を受ける必要がある
          という意見を持った人もいます。

たしかに重度のパチンコ依存症に陥ってしまった人には、
     そういった治療が必要かもしれません。

しかし、そういった更正施設の指導員は、
      依存症回復のプロではありますが、
  パチンコ業界の真実を知っているわけではありません。

また、会社を辞めて収入の無い状態で
  お金のかかる更正施設に入り、長期の回復プログラムを
     行うということは、現実問題として、
          非現実的であるとも言えます。

それならばあなたがパチンコの本質を理解して、
 ストレスがたまることなく、”依存しようがない打ち方”
身に付ければ、私のようにパチンコ依存症から
    脱却できる可能性はあると私は思うのです。








パチンコ依存症のため借金が膨れ自殺を考えるほどに

〜パチンコ依存症のため借金が膨れ自殺を考えるほどに〜

おかげさまでどん底だった私の生活も今では安定し、
毎日穏やかに暮らすことができています。


私は公務員ということもあり、残業もあまりないので
毎日パチンコに通うことが日課になっていたのですが、
勝つことは滅多になく
負けてばかりで多額の借金を抱え込んでいました。

それでもパチンコをやめることができず、
借金を抱えたまま 毎日悩んでいました。

家族に申し訳なくて、
妻や子供の顔をまともに見ることもできず、
借金の苦しみから逃れたいがために、
犯罪を犯すことも考えましたし、自殺を考えたこともあります

借金も増える一方で、
なぜ自分はこんな状態になってしまったのだろうと思っていたのですが、
このパチンコ依存症克服マニュアルを読んで、すべての謎が解けました。

また、この、パチンコ依存症克服マニュアルを読んだとき
鳥肌が立つくらい嬉しくなり、生きる希望が見えてきました。

毎日ダラダラとパチンコを打つことが、
どんなに危険なことかを教えてもらったのですが、
それでもパチンコをやめることができない私にとって、
このマニュアルはまさに救いの神でした。

この、パチンコ依存症克服マニュアルに書いてある方法で
パチンコを打つようになってからは、負けがなくなりましたし、
毎日打たなければ落ち着かなかったパチンコも、
今では打たなくても我慢できるようになりました。

借金についても、私は本当にどうしようもない所まで来ていたのですが、
おかげで家族に内緒でしていた借金を、
誰にも知られることなく半分にまですることができました。

今では残りの借金も順調に減らしていっています。

当時は、こんな私でも助かるのか?
と思っていましたが、
おかげさまで今では毎日穏やかに生活することができています。


本当にありがとうございました。


34歳 公務員

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。