パチンコ依存症を克服した方法

どうやって私はパチンコ依存症を克服したのか・・・?



今振り返ってみると、
  当時の私は間違いなくパチンコ依存症でした。


・会社が終わるとパチンコ店に行かなければ気が済まない。

パチンコを打って、勝たなければ借金の返済をすることができない。

パチンコで勝ち続ける方法を追求し、
     ただやみくもにパチンコを打ち続ける日々・・・




こういう心理状態のことを、脅迫的パチンカーというらしいです。

こうなってしまうともう、
行き着くところまで行かなければ
  パチンコ依存症からは脱却できません。


私の場合、ギャンブルの本質、
  そしてパチンコというギャンブルそのものの本質というものを
理解することができたため、
  ようやくパチンコ依存症から脱却することができたのです。


今でも私は週に1〜2度はパチンコを打ちます。

それでも私はパチンコ依存症ではないと断言できます。


私が1日にパチンコに費やす時間は1時間ほどです。

今の私は、以前のような脅迫的パチンカーではなく、
パチンコというギャンブルを楽しむことができるようになりました。

それどころか、パチンコを楽しみながら
    毎月の小遣いまで手に入れています。

ギャンブルは、その本質を理解せずにやり続けると、
    取り返しがつかないことにもなりかねませんが、
その”真実”をキチンと理解したうえでやってこそ、
    ”娯楽”となりうるものなのです。

今の私は、パチンコを打っていても、
  ストレスを感じるようなことは、全くありません

たとえその日負けたとしても、ストレスなどは感じないのです。

なぜなら私は、パチンコの真実を知り、
 その本質を理解したうえでの
”唯一、依存しようがない負けない方法”
      を実践しているため、

 月のトータルでは勝つと
  いうことがわかっているので、気持ちに余裕が生まれるのです。

もしあなたが、パチンコという
  呪縛から未だに逃れられない状態であるなら、
それはパチンコの本質というものを理解できていず、
         負け続けているからなのです・・・




    




あなたがパチンコ依存症から脱却するには、
パチンコの本質を理解する必要があります。



真面目な人、あるいは素直な人ほど
  パチンコ依存症になりやすいというデータがあります。

パチンコ業界の真実を知ると、これは当然のことと言えます。

パチンコは、正しい知識を持って行ってこそ
 娯楽となりうるものなのですが、
今のパチンコ業界は莫大なお金のために、
  私達一般大衆に対し、真実とはかけ離れた
       ねじ曲がった情報を植えつけています。

わかりやすく言えば、”洗脳”です。

そう考えれば、
真面目な人ほど洗脳されやすいのは当然のことと言えるでしょう。

パチンコ依存症を克服するためには、
  会社を辞めて更正施設に入り、正しい知識を持った
指導員のもと、徹底した教育を受ける必要がある
          という意見を持った人もいます。

たしかに重度のパチンコ依存症に陥ってしまった人には、
     そういった治療が必要かもしれません。

しかし、そういった更正施設の指導員は、
      依存症回復のプロではありますが、
  パチンコ業界の真実を知っているわけではありません。

また、会社を辞めて収入の無い状態で
  お金のかかる更正施設に入り、長期の回復プログラムを
     行うということは、現実問題として、
          非現実的であるとも言えます。

それならばあなたがパチンコの本質を理解して、
 ストレスがたまることなく、”依存しようがない打ち方”
身に付ければ、私のようにパチンコ依存症から
    脱却できる可能性はあると私は思うのです。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。